明日の快に期待している自分に変わっている

過去から現在までに
何か快があったということは、
現在から未来にも何かはわからないけれど
快があると思っています。

私たちは二度三度と起きることを、
また次も起こると期待してしまうからです。

この明日からの快への予感は、
「未来の快に期待している」
ということです。

 

昨日も快を見つけた。

『明日も快が見つかるかなぁ』
と思っていたら、
今日もやっぱり快が見つかった。

『ということは
明日もやっぱり快が見つかるはず』
と期待は高まっていきます。

 

期待感は、
過去から現在よりも
現在から未来への方が
大きくなっていきます。

こうやってあなたはいつの間にか、
明日への快を心待ちにしているあなたへと
変わってきていますし、
これからも変わり続けて行くのです。

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です