• HOME
  • 婚活体験談
  • 「実は婚活中でも『私は本当に結婚したいのだろうか?』と思っていました」

「実は婚活中でも『私は本当に結婚したいのだろうか?』と思っていました」

『ただ普通の男性と出会って普通に結婚したいだけなのに』
『ツライ思いをしてまで婚活なんてしたくない』
『結婚相談所に入るほど結婚願望がない』
これは私が心の中で思っていた結婚に対する思いでした。

アラフォー婚活ライターのTOMOMIです。

私は竹内リョージさん主宰のまりなびの婚活サポートに出会い、
1年7ヶ月の婚活の末、結婚しました。

まりなびの婚活サポートではどんなサービスを提供されているのか、
また他の結婚相談所との違いなどを知りたいアラフォー婚活女性のみなさんに、
私や私と同じ卒業生のリアルな婚活体験を通してお伝えしていきます。

今回は、
婚活中も『結婚したいのだろうか?』と悩んでいた私の、
結婚までの気持ちの変化をお伝えしていきたいと思います。

 

私が結婚に前向きになれない理由とは?

結婚に対しての不安・恐怖がある

 

私が結婚に前向きになれなかったのは、
自分の親が離婚したことと、
すでに結婚している友達や会社の女性が旦那さんの愚痴ばかり言っている話をよく聞いていて、
結婚に対して漠然とした不安・恐怖を抱いていたからです。

同じ職場で小さい子どもを抱えてフルタイムで働いている女性がいましたが、
子育てと仕事の両立が本当に大変でツラそうで私にはとても無理だと思っていました。

結婚して幸せな話を聞かないせいか、なぜ人はわざわざ幸せじゃなさそうな結婚をするのだろう?と思っていたほどです。

ただ、これからずっと一人というのはどうなのかなとは思っていました。

 

仕事のキャリアとお給料を捨てて家庭に入る勇気がなかった

また私は大学を卒業してから同じ会社で仕事をしており、
それなりに成果も認められ、責任ある仕事を任せられてとても充実していた時もありました。

そのため、積み上げてきたキャリアや給料を捨てて家庭に入るという勇気もメリットもないと思っていました。

独身時代は自分のお給料は自分の趣味など自由に使えるのでプライベートが充実しますが、
結婚すると制限がかかるのがとてもツラいと思っていました。

しかし仕事で体も精神的にもツラかったときは結婚したら辞められるかもしれない・・・

でも結婚しても幸せになれる保障がないのでやはり仕事を頑張るしかないという気持ちでした。

 

婚活は時間がかかり、精神的にもつらい

それでも私は20代後半に友達に誘われて、SNSの出会いアプリや街コンと
それなりに婚活をした時期がありました。

1年は続けてみようと思い、自分なりに頑張っていましたが、
どこかでこの男性は私を本当に幸せにしてくれるのだろうかと
疑った目で見ていたこともありましたね。

当然うまくいかずに辞めてしまいました。

婚活は仕事とは違い、自分だけが頑張ってもお相手があってのことなので思い描いていた通りにはならないし、
自分の気持ちのモチベーションを維持することがツラいだけだと思っていました。

 

結婚に前向きになれない私が結婚を意識したのは?

私は20代後半に1年間婚活しうまくいかなかったこともあり、
『私は本当に結婚したいのだろうか?』と自問した結果、
「結婚したくない」という考えに行き着いてしまいました。

ところが30代半ばになると仕事への歯車が狂いだし、
転職を考えるようになりました。

しかし簡単に転職先が決まらず、もっと自分を高めたいと思い、
とある講座を受けることにしました。

そこでリョージさんと出会い、
結婚コンサルタントの仕事について興味本位で話を聞いたことがキッカケでした。

すぐにリョージさんのセミナーに参加し、その後個人セッションに進んだ時に、
仕事や今までのことをいろいろ話した時に、「結婚したいかどうか分からない」と正直に話をしました。

そうするとリョージさんが
「結婚について全く考えていない人からは、
『結婚』というワードさえも出てこないと思います。
なので、TOMOMIさんは結婚に対して関心があるのだと思いますよ」
とおっしゃられました。

そこで初めて私は、
結婚で不安やツラさから逃れたいだけではなくて
『結婚して幸せになりたかったんだ』と気づきました。

自然に結婚したいのだろうかという悩みがなくなっていた

まりなびで婚活が始まり、出だしは順調に進んでいましたが、
結局は1年7か月かかりました。

正直なところ、まりなびでの婚活がうまくいかなくなると
『私は本当に結婚したいのだろうか?』という悩みがまた湧いてきました。

でも『今ここで辞めたら今までの努力が無意味になってしまうのではないか?』
などとモヤモヤし、
何度もリョージさんに相談していたことを覚えています。

そんな時にリョージさんから
「婚活も大切ですが、自分が好きなことをしてみては?」
というアドバイスで、断捨離を始めました。

物が出しにくくてあまり触らなかった押入れを一掃してどういう押入れにしたいかをネットサーフィンし、
キレイに仕上がったときは押入れを毎日開け閉めしていましたね(笑)

さらに、お見合いのネタにもしていました。

あとはメイクがあまり上手ではない私は、メイクの仕方をプロに教えてもらったりと、
婚活をしていなかったらそこに着目し行動していなかったと思います。

 

そういう楽しみをしつつ、婚活をしているところに今の夫に出会い、結婚しました。

婚活だけを考えていると、うまくいかなくなるとどうしても落ち込んでしまい、
『結婚したいのだろうか?』がまた湧いてきてしまいがちですが、
自分がキレイになるためや自分の気持ちがスッキリするために時間とお金を使うことをしてみたら、
心がウキウキしていました。

そして今の夫と出会ってからは自然と『結婚したいのだろうか?』
という悩みがなくなっていました。

私の場合は結婚に前向きではなかった夫をどのように進めていったらいいのだろうかと、
次のテーマが待っていましたね。

 

まとめ

まりなびでの婚活で、自分を知ることや自分を好きになることに集中し、行動してきました。

一人で婚活していると、自分だけの感情や意見に振り回されてしまいすぐに落ち込み、
『私って結婚したいのだろうか?私は結婚できるだろうか?』
という悩みを抱えてしまうことになります。

自分が『この人だったら信頼してもいいかな?』と思える婚活のプロに
自分の気持ちや悩みを整理整頓してもらい、そういう発想で物事を考えればいいのか?や、
『こういう視点で男性を見たことがなかったかも』
と新たな発見やアドバイスをしていただくことで、
前向きな気持ちで婚活に取り組めることが、私のまりなびでの婚活体験でした。

婚活している間は、自分が変わっているという実感は正直ありません。

ただ、いつの間にかちょっとずつ変わってきてしまっているというのが本音かもしれません。

 

私の婚活は竹内リョージさんが開催するライブセミナーから始まりました。

ライブセミナーでは1年で結婚するためのメソッドをたっぷり3時間で教えてもらえます。

ほとんどの女性が1年で結婚している理由は、参加者が全員女性なのに対して講師が男性だからです。

あなた自身の気持ちのあり方や考え方の大切さがわかるのももちろん、
男性の心理や考え方への沿い方もしっかり教えてもらえます。

あなたにもぜひ、『あの時まりなびを選んでよかった』
という気持ちを味わっていただきたいと思います。

 

アラフォー婚活ライター。 30歳を過ぎたところで仕事もプライベートも行き詰まりを感じ、自分の人生について深く意識し、自己投資を始める。37歳でまりなびの婚活サポートで婚活を開始。1年7ヶ月の婚活の末2019年2月に無事卒業。今は「溺愛される女性になる!」そして「自分の人生を豊かにする!」をモットーにしている。

関連記事