好みがはっきりすれば、悩まない

正誤・良し悪しの判断ができていないから、
悩むのではありません。

正誤・良し悪しを探そうとしているから、
悩んでいます。

悩むのは心の快不快、
つまり好みがはっきりしていないからです。

 

快がわからないから、
行動を選べません。

本当は嫌なのに、
気合や根性で行動したりします。

 

私たちは、
好みがハッキリしている時には悩みません。

悩んでしまうのは、
頭で良し悪しを考えていて
好みがハッキリしていない時だけです。

私たちの中には
好みの自分はいるけれど、
正しい自分など存在しないのです。

 

ということは私たちは、
好みをハッキリさせれば
悩まなくなります。

悩むことなど思い浮かびもせず、
好みの方の行動を選択して
すでに動いてしまっている
ことでしょう。

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です