なぜYes!を感じるのか?

私たちがあるできごとやものごとに対して
Yes!を感じる時は、
初めは必ずふと気付くところから
始まっています。

仮にあなたはいま、
タピオカが好きだとします。

タピオカを好きになったのは、
好きになろうとして
好きになったわけではないですよね。

初めて見た時の見た目、
香ってきた香り、
飲んだ時の味、
噛んだ時の食感などから、
Yes!と気付いたはずです。

 

自分の好みは、
意図して好きになれるものではありません。

必ず初めは意図したわけではなく、
ふと気付いています。

 

ふと気付いてしまったYes!とは、
『これを味わえば
また幸せな気持ちになれる』
ことがわかった、
ということでもあります。

そこで私たちは気付いたYes!を、
繰り返し味わおうとします。

私たちは『幸せになりたい』
と思っているからです。

 

繰り返し味わえるようになったYes!は、
だんだん探さなくても気が付く、
つまり見逃さなくなります。

たとえば街を歩いているだけで
探しているわけでもなくタピオカショップが
目に入ってきたり、
SNSに流れてくる新作のタピオカの情報に、
自然と気が付くようになります。

 

はじめはふと気付いたことが
見逃さなくなるまでになってしまうのは、
そこに情熱があるからです。

これはタピオカの出来の良し悪し
ということではなく、
タピオカを味わったり
インスタ映えした写真をUPしたりすることに
情熱が湧いているからこそ、
好きだと感じます。

 

このようにして私たちは、
自分なりの好み、
幸せの形がひとつひとつ
明らかになっていきます。
[clink url=”https://www.happy365.jp/shiawaseninarutoha/”]

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です