私たちは外の世界を心で認識している

私たちは自分の外のものごとやできごとを、
どのようにして認識しているのでしょうか?

たとえば、
「このイチゴ美味しい♪」
「ココの海キレイ☆彡」
「彼の手って柔らかい(*^^*)」
など。

 

私たちには視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の
五感があります。

五「感」というくらいですから、
これらの感覚で
外の世界を認識しているように思えます。

でも五感は、
情報をキャッチしているだけです。

 

実際は複数の感覚で情報を得ていますが、

甘い→イチゴ
青い→海
柔らかい→彼の手

このように五感で得た情報から、
そのできごとやものごとが何なのか?
を理解しています。

でも、

『美味しい♪』
『キレイ☆彡』
『柔らかい(*^^*)』

というようには感じていません。

 

私たちが自分の外のものごとやできごとを
認識しているのは、
「心」です。

 

私たちは外の世界を
①五感というセンサーで情報をキャッチして
②心で認識している
のです。

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です