私たちは不快には敏感。だからこそ幸せになるには?

私たちは過去の嫌な記憶や
ちょっとした不快なできごとには、
すぐに気付いて
ネガティヴな気持ちになりますよね。

たとえば
「道ですれ違うときに肩がぶつかった」
「部長に怒られた」
「朝起きたら天気が悪い」
など。
[clink url=”https://www.happy365.jp/nazefukainibinkannnanoka/”]

 

反対にYes!なできごと、
特に小さなYes!ほど、
すぐに忘れてしまいます。

たとえば
「ランチのパスタが美味しかった」
「部下が重い荷物を運んでくれた」
「ラッシュの電車で目の前の席が空いた」
など。

 

このように私たちの心は、
不快には敏感で
快には鈍感なようにできています。

でも私たちはいつどのようなものごとに
幸せを感じているかに気づけなければ、
幸せになりようがありません。

Yes!に気付かなかった、
または気付いてもすぐに忘れてしまったら、
それはYes!が無かったのと同じことに
なってしまうからです。

 

私たちは
小さな幸せほど見逃しやすいからこそ、
意識してYes!を探して暮らすくらいで
やっと幸せに向かっていけるのです。

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です