予想と期待が現実と一致すると、潜在意識が躾けられる

私たちは
予想と期待が現実と一致すると、
『やっぱり!』
と思ったり言ったりします。

『やっぱり!』と思ったということは、
未来に対して何らかの
予想と期待をしていたということです。

反対に、
予想と期待をしていない時には、
『やっぱり!』とは思いません。

 

快を感じるたびに、
これが自分の好みであり、
こうなったら快と感じる、
こうなったら幸せ、
ということを潜在意識に躾けています。

そしてまた
同じできごとやものごとが起こった時、
やっぱり逃さずに
幸せを感じることができるのです。

 

カテゴリー: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です