「自己流をやめることで、1年で入籍できました」①

こんにちは、アラフォー婚活ライターのTOMOMIです。
私は結婚コンサルタントのリョージさん主宰「まりなび」の婚活サポートに出会い、1年7ヶ月の婚活の末に卒業いたしました。

今回は卒業生のMさん(44歳女性)に、婚活から入籍までの話をインタビューさせていただきました。

 

婚活疲れから自分探しや趣味に没頭した日々

TOMOMI
TOMOMI
このたびはご結婚おめでとうございます。
色々お伺いしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
Mさん
Mさん
ありがとうございます、よろしくお願いします。
TOMOMI
TOMOMI
さっそくですが、リョージさんに出会う前の恋愛や婚活について教えていただけますか?
Mさん
Mさん
20代後半からコンパ、紹介やお見合いパーティーに参加し始めました。
そのわりには好きな男性のタイプもはっきりわからないし、結婚に対するイメージもありませんでした。
そんな思いで婚活をしているからか、たくさんの男性と出会いましたが、なかなか進展しませんでした。
そしてだんだんと疲れていったので、途中で自分探しや趣味のほうに没頭していました。
30代前半までそんな感じで過ごしていました。
TOMOMI
TOMOMI
わかります。
私は『私ってそんなに女性としてダメな人間なのかな?』と悩んで、よく自分探しをしたり逆に仕事に没頭していました。
Mさん
Mさん
転職を機に30代後半で彼氏らしき人と出会いました。
特に「ちゃんとお付き合いしましょう」という話もないまま、流れでお付き合いが始まりました。
ところが2年くらいして、LINEの返信もなく電話も出ず・・・で急に音信不通になってしまいました。
彼の家や職場の場所はわかっていましたが、「自分から行くのも・・・そこまでするのも・・・」と思って、フェードアウトしました。
TOMOMI
TOMOMI
なにか心当たりはありましたか?
Mさん
Mさん
彼は起業したばかりで時間に余裕がありませんでした。
ぜんぜん連絡くれなかったことも『仕方ない』と思っていました。
デートも月に1回ぐらいだったのですが、それも我慢して受け入れていました。
いま思えば、すべて彼に合わせてしまっていたのも原因だったのかな、と思っています。
そこからは悔しい気持ちもあり、初めて婚活アプリを使って婚活をしようと決めました。
TOMOMI
TOMOMI
婚活アプリはいかがでしたか?
Mさん
Mさん
多くの男性と知り合って、実際にお会いしました。
お会いしてみると、少し変わった男性もいて疲れてしまったときもありました(笑)
TOMOMI
TOMOMI
具体的にどんな男性でしたか?
Mさん
Mさん
LINEのやり取りはふつうだったのに、いざお会いしてみると「今は彼女はいらないです」と言われたこともありましたね(^^;)
それからイイ感じになっていると思っていたのに正式にお付き合いしましょうということもなく、ご飯食べたりデートしたりと2,3ヶ月ぐらい経った時に、彼のほうから「自分には結婚する気がない」と言われたこともありました。
でも彼から「嫌いで別れたわけではないから、遊ぼう」と連絡をもらうと、寂しかったこともあって一緒に遊んだりしていました。
TOMOMI
TOMOMI
その男性とはどれくらいそんな関係が続いたのですか?
Mさん
Mさん
なんだかんだで半年ぐらい続きました。
でも突然私が我に返ったように、「めっちゃイヤ!」と思って電話も出ないようにしました。
その直後に結婚相談所に入ることに決めました。
TOMOMI
TOMOMI
婚活アプリをやめて、結婚相談所での婚活をスタートされたのですね。
Mさん
Mさん
はい。
でも、そこの結婚相談所で出会った男性もあまりうまくいきませんでした。
男性からお申し込みいただいたにもかかわらず、かなり不機嫌な対応だった人や、お会いして30分ほどで帰られてしまうなどといった経験もしました。
私からもお申し込みできる人数の100近くの男性に申し込みをしましたが、すべてお断りをされてしまって、心が折れて退会してました。

 

なぜいつも私は恋愛がダメになるのかな?

TOMOMI
TOMOMI
「なぜいつも私はダメになるのかな?」と思い、ある女性コンサルタントさんのもとで、パートナーシップや男女のコミュニケーションのスキルを学ぶことにしました。
そこでは、根本的に男性と女性は考え方が違うこと、相手に合せてしまいすぎたり自分の気持ちを言わなかったりというのは、男性からすると意味が分からない。
男性は察することは難しい、ということなどを学びました。
今まで自分がやってきたことがすべて結果として出ていた、ということに気づきました。
TOMOMI
TOMOMI
すごく勉強家ですね。
そこからまた婚活をスタートされたのですか?
Mさん
Mさん
はい、パートナーシップの講座を学びつつ、また婚活アプリや、お料理教室コンパに参加して出会いを探していました。
でも、講座で知識としてはわかっているのですが、実践には活かし切れませんでした。
年齢的な部分なども含めて婚活に苦戦していましたが、そんな中でも自分の気持ちは大事にしていました。
講座のおかげで、男性と自分の中での違和感や、学んだことと自分がやっていることの違和感などを見つけられるようになっていたからです。
『もっと次はこうしたほうがいいかな』とか、『自分の気持ちを素直に言おうかな』と考えることができるようになっていました。

でも、たくさんの男性に出会いすぎて少し疲れてしまったこともあって、いったん婚活はストップして自分の気持ちを大事にしてゆっくりしたい、と思いました。
とその時に、外出自粛が始まりました・・・

次回はMさんがリョージさんに出会って『最後の婚活にしよう!』と決意し、1年で入籍されたお話をお聞きします。

Mさんから届いた前撮り写真撮影の風景①

アラフォー婚活ライター。 30歳を過ぎたところで仕事もプライベートも行き詰まりを感じ、自分の人生について深く意識し、自己投資を始める。37歳でまりなびの婚活サポートで婚活を開始。1年7ヶ月の婚活の末2019年2月に無事卒業。今は「溺愛される女性になる!」そして「自分の人生を豊かにする!」をモットーにしている。

関連記事