「絶対的な味方がいる、という安心感があります」

こんにちは、アラフォー婚活ライターのTOMOMIです。

私は結婚コンサルタントのリョージさん主宰、まりなびの婚活サポートに出会い、1年7ヶ月の婚活の末に卒業いたしました。

結婚したいアラフォー女性のみなさんに、私や、私と同じ卒業生のみなさんのリアルな婚活体験談を通して、
なぜ7割の女性が約1年で結婚できている秘訣や、ふつうの婚活との違いなどをお伝えしていきます。

今回は、まりなび卒業生のKさん(43歳女性)に、婚活から婚約までの話をインタビューさせていただきました。

 

これまでの婚活事情

TOMOMI
TOMOMI
このたびはご婚約おめでとうございます。
いろいろお伺いしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
Kさん
Kさん
ありがとうございます、よろしくお願いします。
TOMOMI
TOMOMI
婚活を始められたのはいつ頃ですか?
Kさん
Kさん
30歳半ばまで、ひたすら仕事をしていました。
その頃から「なんとか40歳までにはするぞ!」と思い、37歳ぐらいから情報収集して本格的に始めました。
街で主催されている合コンイベントとか、大手の結婚パーティーなどに参加しましたね。
さらに区の商工会議所や、駅前のおそば屋さんのちょっとニッチな場所での婚活イベントに参加していました。
TOMOMI
TOMOMI
おそば屋さんで婚活イベントなんてあるんですね!
結果はどうでしたか?
Kさん
Kさん
おそば屋さんはおかみさんが婚活イベントをされていたみたいなので、行ってみました。
結果はどれも連絡交換して食事に行くところまではあったのですが、ちゃんとした交際まではいかなかったです。

 

婚活再スタートから婚約までのストーリー

TOMOMI
TOMOMI
リョージさんをどのようにして知ったのですか?
Kさん
Kさん
きっかけは、ある恋愛ブログを購読していて、その中でリョージさんを絶賛されていたので興味を持ちました。
TOMOMI
TOMOMI
リョージさんに会いに、ライブセミナーに参加しようと決意した決め手は?
Kさん
Kさん
その方が絶賛されていたこともあり、「これはもう行くしかない!」と思い、10月の半ばに参加しました。
TOMOMI
TOMOMI
どれくらいの期間の活動でしたか?
Kさん
Kさん
結果としては、5ヶ月でプロポーズをしていただけました。
まずリョージさんにいろいろお話をお聞きして、「これはプロの手をお借りした方がいいかな」と思いました。
それでお世話になろうと決めました。
最初の3ヶ月はお見合いをするための登録準備や色々と勉強をしていました。
そして12月下旬から何人かとお見合いをして、
さらに1月の半ばに彼とお見合いをしました。
そこからトントンと話が進み、1週間後にはデートをしたり毎日のようにLINEしたりしていましたね。
私は平日仕事が忙しいのもあって会うのは週末だけでしたが、2月半ばに結婚を前提にお付き合いが始まりました。
TOMOMI
TOMOMI
トントンと進んでいるイメージですが、婚活中に困ったことや悩んだことはありましたか?
Kさん
Kさん
実は私はスカートを履くのが嫌いなんです。
かっこいい女子を目指していたことや、可愛らしい女の子の格好をするといじめられるというようなこともあり、
小中学校からパンツでしたし、社会人になってもパンツスーツでした。
だから、冠婚葬祭用のスカートしか持っていなかったんです。
男社会で戦っていたので、女らしさを出すと負けみたいに思っていました。
6年の婚活中もスカートじゃなくてパンツで参加していました。

 

実はお見合い用のプロフィール写真を撮る際に、リョージさんに「上半身しか映らないなら、パンツでいいですよね?」と伺ったんです。

TOMOMI
TOMOMI
え?そうなんですか?
リョージさんの反応はどうでしたか?
Kさん
Kさん
当たり前のように「いやいやそこはスカートで」でした。
なので泣く泣く履けそうなスカートを見つけて、写真を撮りに行きました。
でもメイクもキレイにしていただいて、あまり違和感なく撮っていただけたので、今までの写真で一番いい感じの写真になりました!
TOMOMI
TOMOMI
男性の反応はどうでしたか?
Kさん
Kさん
自分だけが違和感があると思っているだけで、彼もはじめは写真を見て『いいな』と思って申し込みを受けてくれたそうです。
TOMOMI
TOMOMI
彼のどんなところに惹かれましたか?
Kさん
Kさん
そうですね、やはり素直なところです。
素直に自分の感情を表現してくれますし、私のすべてを受け入れてくれるところかなと思います。
「男性は何か問題があったときは、答えを出したがる、問題解決型だ」と聞きいていました。
でも彼は珍しいタイプなのかとにかく話をしっかり聞いて、悩みに共感してくれる人でしたので、そこもよかったです。
TOMOMI
TOMOMI
愛情表現してくれたり共感してくれるのは、女性としては嬉しいですね。
婚約されて気持ちの変化などありますか?
Kさん
Kさん
付き合ってから婚約までが短い期間でしたが、絶対的な味方がいるというのは精神的にも心強いので、安心感があります。

 

どんな些細な相談でも乗っていただけた

TOMOMI
TOMOMI
まりなびのサポートを受けて、よかったところを教えてください
Kさん
Kさん
卒業生のみなさんと同じにはなるのですが、やはり男性としての視点でアドバイスをいただけます。
それにどんな些細な相談でも乗っていただけるので、すごく安心できるなあと思いました。
TOMOMI
TOMOMI
リョージさんはどんな存在でしたか?
Kさん
Kさん
年齢はあまり離れていませんが、落ち着いたところがお父さんみたいで、時にはよきお兄さんのように温かい目で見てもらっていました。

 

彼は結婚相談所を退会する予定だった

TOMOMI
TOMOMI
今後どんな家庭を築いていきたいですか?
Kさん
Kさん
明るく、いつまでも笑っていられるような家庭にしていきたいです。
TOMOMI
TOMOMI
いま婚活中の女性、そしてこれから本格的に婚活を考えていらっしゃるみなさんへのメッセージをいただけると嬉しいです。
Kさん
Kさん
実は彼は12月で結婚相談所を退会する予定だったようです。
私は12月に入会して自分から積極的に申し込みをしていましたが、彼に申し込みをしようかどうかかなり迷いました。
もし私がその時に申し込みをしていなければ、12月に退会する予定だった彼と出会っていなかったと思います。
本当に奇跡的なタイミングで出会えてよかったです。
そんなことも起こります。
TOMOMI
TOMOMI
それは素敵なご縁ですね!
お話をうかがって、幸せを求め続けられたからこその奇跡だな、とも思いました。
本日はお時間いただきありがとうございました。
末永くお幸せに。
Kさん
Kさん
ありがとうございました。

 

ぜひ幸せな結婚を叶える仲間に♪

自分の違和感やこだわりを一緒になって解決しつつ、いつの間にかなくなっていき、ご自身で幸せを得られたのはやはり専門家のサポートがあったからだと思います。

私もKさんも、リョージさんが主宰するライブセミナーから始まりました。
ライブセミナーでは1年で結婚するためのメソッドをたっぷり3時間で教えてもらえます。
ほとんどの女性が1年で成婚している理由は、参加者が女性なのに対して講師が男性だからです。
あなた自身の気持ちのあり方や考え方の大切さがわかるのももちろん、男性の心理や考え方への沿い方もしっかり教えてもらえます。
ぜひ幸せな結婚を叶える仲間になっていただきたいです。

Kさんをリョージが祝福♪

 

アラフォー婚活ライター。 30歳を過ぎたところで仕事もプライベートも行き詰まりを感じ、自分の人生について深く意識し、自己投資を始める。37歳でまりなびの婚活サポートで婚活を開始。1年7ヶ月の婚活の末2019年2月に無事卒業。今は「溺愛される女性になる!」そして「自分の人生を豊かにする!」をモットーにしている。

関連記事